屋久島なお話。

屋久島へ。~どどっと最終章。

長々と書いてなくてすいません。。。

 

書いたのですが。。。

保存をしてなかった為に何故だか電源が切れ全部消えてしまって

心が折れてしまってましたnardasみおですこんにちわ。

 

ここからは、ざっと行った所や

ごはんを食べにいった所などをどんどん載せていきたいと思います。

 

 

「千尋の滝」 

落差60mの滝。

屋久島の本体でもある巨大な一枚岩の

花崗岩がむき出しになったV字谷。

 

Dscf2606

 

「大川の滝」 

日本の滝100選の1つでもある大きな滝。

落差88mもあり、音も迫力満点。

Dscf2613

 

滝壺まで見えるところにいくと

しぶきもとんできます!

この迫力がとっても好きです。

 

雨の降った翌日に行くのがオススメ。

 

Dscf2620

 

西部林道にはおさるさんがたくさんです。

数えるのは多分無理。。。 

 

屋久鹿の数は数えたのですが、

最初の感動はどこえやら。。。

滞在中127頭の屋久鹿に出会いました。

  

Dscf2621

 

 

「鮨若潮」

職人肌の大将と息子さんで営んでいるのですが、

本当に行ってよかった!

と思えるお店でした。

 

魚が本当に大好きなんだなぁ。

とありありと伝わってくるんです。

「これから、店の営業が終わったら魚釣りにいくんです!」

と息子さん。 

店内には生簀があってたくさんのお魚が泳いでるんですが、

食べる用ではなく鑑賞用とのこと。

次の日も、帰ってからも、

このサバの美味しさが忘れられなくて、

我が家では時折、あ~美味しかったね。

また、食べたいねって出てくるほどです。

ということで。

こちらが本当に美味しい美味しい首折れサバのお刺身。 

Dscf2622

 

こういうのが食べたかったのですよ~。

屋久島の地魚のお寿司の盛り合わせ。

 

Dscf2624

 

海が見える温泉が2つあって1つは、

「平内海中温泉」

 

潮が満ちていれば温泉は海の中。

干潮前後の2時間くらいしか温泉に入ることのできない温泉で

混浴の上に水着では入れないのです。。。

もちろんバスタオルまきまきして入りましたが。。。

 

けっこう人がいてたので写真は撮れませんでしたが

とっても硫黄です。

足元もヌルヌルするのでこけないように注意です。

海をみながらっていうのは本当に気持ち良い!!!

 

もう1つは

 

「湯泊温泉」

右が男湯。

左が女湯。 

ここは1日入れるので、星空を見ながらとかも素敵ですね。

あたしは朝一にいったので

誰もいなくって貸切り状態。

のんびり海を満喫です。

 

Dscf2746

 

「栗生のタイドプール。」

 

Dscf2749

ヒトデがわんさかいてます。 

Dscf2750

カニも。 

Dscf2751

うにも。 

Dscf2755

潜ってびっくり。

こんなにお魚がいるなんて。。。

 

なのに、

水中カメラ上手じゃなくてごめんなさい。。。

 

この感動あまりつたわらない。。。

 

インスタントの水中カメラを買うか、

カメラの付属で売っている水中カメラケースを買うか、

簡易の水中カメラケースを買うかで悩んだのですが、

正規のやつは、20000円もするのであきらめて、

簡易のを3000円くらいで購入したのですが、

写真を撮ってびっくり。。。

 

ケースの淵が映っちゃうんです。。。

 

なんか、覗きをしてとったみたいな写真。。。

 

ほらね。

 

Dscf2759

大きなお魚もいてて、

シュノーケルでここまでたくさんのお魚に出会えて

とっても嬉しかったです。

 

Dscf2764

「虹のたね」 

ここのマスター。

もともと、大阪の生野の人らしい。

 

Dscf2787

 

たらこのパスタ。

自家製麺です。

 

Dscf2785

アンチョビとなすのピザ。

 

Dscf2786

 

行きたかったのですが、

お盆なのでお休みだった

「丸高水産」

島で一番お魚を扱っているお店。

残念。 

Dscf2789

 

 

「いなか浜」

亀が産卵しにくると有名な浜です。

7年前はここで産卵を見学。

感動したのですが、

自分が出産してるところをみんなにみられたら。。。

と思うと、よう見てられませんでした。。。そんな思い出が。

 

Dscf2769

 

白い砂浜がとってもきれいです。

こちらでも泳ぎましたが

栗生よりかはお魚はいないかなぁ。

こっちは、浮き輪でパチャパチャと遊んで、

ゆらゆら波に揺られるのが楽しいです。

 

Dscf2772

 

「うふふのカレー」

  

Dscf2790

 

Dscf2792

チキンカレー

 

スパイシーさの中にも甘さもあって美味しかったです。

  

Dscf2793

 

「三岳酒造」 

Dscf2740

 

今や屋久島の焼酎で有名になった芋焼酎「三岳」

名水で作った焼酎は、

まろやかなくちあたりの焼酎です。

 

Dscf2807_2

こちらは、屋久島の島内でしか手に入らない、

360mlのペットボトルサイズ三岳です。

上のキャップの部分がオチョコになっていてかわいいでしょ。

 

Dscf2808   

 

屋久島の旅も終りに近づいてきました。

 

最後の晩御飯へと、

黒豚を食べようと、イタリアンレストラン

「イルマーレ」へ。

 

美味しそうな前菜が。。。

 

あれっ?

 

デジカメの電源が入らない。。。

 

コワレタ?

 

いや違います。

 

それはね。

さっき宿で、デジカメを充電してきたんです。

そしてそのままお店に来てしまっただけのこと。 

 

そう、それだけのこと。。。

 

ごめんなさいとしか言えない。。。

   

 

そんなこんなの屋久島の旅でした。 

 

 

お世話になったみなさま。 

 

とまり木のみなさんありがとうございました。

 

Dscf2798

兄さん姉さん、

また、「おかえりっ」て迎えてください。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島へ。~縄文杉へ。

トロッコ道を歩いておりますと、

 

「三大杉」

 

一代目の倒木。

上に二代目が育ち、

伐採された二代目の上に

三代目が成長している。

  

Dscf2640_2

 

きっと台風などで倒れたのでしょうか?

トロッコ道をふさぐように倒れたので、

たぶんトロッコ道が通れるように大木を切ったのでしょう。

 

Dscf2648

 

 

これまた立派です。

 

Dscf2650

 

 

ここでやっとトロッコ道も終わり、

山に入ります。

トロッコ道2時間半なり。

 

大株歩道入口。

 

Dscf2656

 

木の根っこってすごいですよね。

人もこれくらい根をしっかりしとかなくちゃ。 

Dscf2659

 

Dscf2663

 

 

「翁杉」

 

樹齢2000年といわれている。

これまた、苔がびっしりでかっこいい。

 

Dscf2667

 

階段もたくさん登ります。

 

 

Dscf2669

 

「大王杉」

 

縄文杉が発見されるまでは最大とされていた。

幹には江戸時代の試し切りの跡が。

 

Dscf2685_3  

 

ところどころでガイドさんのおしゃべりしている声に耳を傾ける。。。

すると。。。

 

「登りは根気。下りは集中。」

まさにその通りなのです。

 

下りの方が木の根っこがすべったりして怪我もしやすいのです。

まずはあたしには、

根気です。。。

 

 

「おっことぬし様」

ボケちゃってすいません。。。

 

と思っていたら、ある本には巨大まぐろって書いてあった。。。

 

どっちだ?

 

やっぱり、おっことぬし様でしょ。

 

Dscf2691

 

歩いていると、子供連れのお父さんが

「あとドラゴンボール1本見るくらいやからがんばれ!」

と子供を励ます姿が。

その言葉にあたしが励まされちゃいました。。。

あと、もうちょっと。。。

 

そしてついに御到着!!!

 

「縄文杉」

  

Dscf2695

 

無事に縄文杉までつきまして、

ホッと一息です。

近くでお昼ごはんを食べてしばしの休憩。 

  

縄文杉がメインなのですが

あたしの中では

好きなのが2つあって、

まずは

 

「夫婦杉。」

 

2本の杉の枝が手を繋いでいるような杉。

あたしの理想の在り方ですね。

はいっ。

 

Dscf2728

 

もう1つは

「ウィルソン株」

 

 

この大きな切り株。

名前はアメリカの植物学者さんウィルソンさんに由来する。

切り株の中には畳10畳ほどの広さがあり、

もし、伐採されないで残っていたら

どれほど大きな杉になっていたのでしょう。。。

切り株の中に入れるのがなんとも魅力。

 

Dscf2679

切り株の中から上を見上げると、

ハート型の空洞が見えるんです。 

Dscf2676  

 

というかんじで

なんとか、下山できました。

途中の川で足をつけて休憩。

これがまた気持ち良いのですよ!

今まで歩いた疲れが吹っ飛びます。

持続力は5分くらいですが。。。

 

歌を歌ったりしながら

トータル10時間かかって。。。ただいまです。

 

昔は9時間だったのに。。。

 

あの頃は若かった。。。

 

体力の衰えを感じたnardasみおなのでした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

屋久島へ。~トロッコは続くよどこまでも。

縄文杉に逢いにいきます。

 

朝、4時半に起きて、5時に出発。

 

この人の多い時期は、

荒川登山口まで車で行くことはできないみたいで、

バスチケットを先に観光協会などで購入しておいて、

屋久杉自然館というところまで車で行き、

駐車場に停めておいて、

バスに乗り込むんです。 

 

30分くらいバスに揺られついた頃にはバス酔い。

 

しばらく休憩してからスタート。

 

最初からトロッコ道が続きます。

 

スタンドバイミーみたいな感じの橋も何個かあり、

Dscf2631

足がすくみます。

 

Dscf2630_2

あんまり、下は見ない方がよさそうです。

 

Dscf2632

 

マダマダツヅキマス。。。

  

トロッコ道!!!

Dscf2647

 

2時間30分のトロッコ道。。。

 

また、このトロッコ道を帰ってこなくてはいけないのです。

 

はいっ。

 

気力はあるのですが、体力もつのかしら???

 

 

トロッコ道に疲れたので今日はこれまで。。。

  

コンニチワnardasみおですコンニチワ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

屋久島へ。~もののけ姫の森

さて、何と読むのでしょう? 

というか、口がこんがらがりそうです。

はいっ。

 

Dscf2503

 

本日目指すは、

白谷雲水峡。

「もののけ姫の森」です。 

今までは、もののけの森まで行って帰ってきていたのですが、

今回は、太鼓岩までがんばって登ることに。

Dscf2505

 

川のせせらぎを聞きながらずんずん歩いていきます。

  

Dscf2512

おぉ。

やっぱり素敵です。

  

Dscf2520

そしてまだまだ登ります。

  

Dscf2524

 

Dscf2527

 

Dscf2528

 

Dscf2553

 

そして、御到着!!!

 

もののけ姫の森。

 

Dscf2563

 

横より、縦の方がきれいだったので、

こちらもどうぞ。

 

Dscf2567

 

さてさて、お次は太鼓岩に!

ここからぐんぐん登り、

やっと到着!!

 

本当に登って良かったです!!

絶景!!!

 

むこうに見えるちょこっと見えてるのは何だろう?

  

Dscf2583

Dscf2584

 

岩をたたくとペチペチと音がするんだけど、

一か所だけ太鼓みたいな音がするよ!

 

と教えてもらっていたので

いろいろペチペチ叩いたのですが、

どこを叩いてもペチペチ。

 

ペチペチ

 

ペチペチ。。。

 

結局わからないままでした。

残念。。。

Dscf2585

 

往復5時間かかり下りてきたときには腹ぺこ~。

 

お蕎麦を食べにいくことに!

 

「きらんくや」

 

安房にあるのですが、

ここ!

すごい所にあります。

 

まず、通りすがりに見つけたから入るということは

100パーセントないでしょうね。

ここを目当てに行かないと。

 

 

Dscf2592

 

お蕎麦とっても美味しかったです。

 

Dscf2589

 

このお蕎麦屋さんに着く少し前に、

海まで180歩という看板が。

 

いってみると。。。 

 

これはまた素敵じゃないですか~!

ということで

水着に着替えて入ることに。

Dscf2594

お魚もちょこちょこいるし、

波もきつくないので楽しめます。

 

なまこ発見!!!

Dscf2600

毒をもってるものもあるので、

みなさま注意です!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島へ~その1

伊丹空港から朝一の飛行機で鹿児島へ。

 

夕方まで時間もあったので鹿児島の市内をうろうろ。

お目当てのラーメン屋さんにも行き、

地図を見ていると気になる

「さつまいもの館」の文字。

 

行ってみることに。

紫いものソフトクリームにご満悦。

  

天文館ってとっても広くてびっくり。

かなり都会です。

 

夕方になり、港へ。

鹿児島の北埠頭に行き、コスモラインに乗船。

 

写真の後ろに見えているのは桜島。

 

 

Dscf2473

 

屋久島に到着するちょっと前にとってもきれいな夕焼け。

 

Dscf2486

 

船にのっていると、

到着するちょっと前に電話が。

 

予約していたレンタカー会社からです。

 

「安房にいてるのですが○○さん今の船で来てないのですか?」

 

「すいませんが、まだ、船の中でして。

しかも、安房でなくて、

到着するの宮之浦なんですが。。。」

 

「急いでむかいます」とのこと。

屋久島には、

宮之浦と安房という2つの港があるのですが、

港違いだったんです。。。

 

やっぱりあたしはこういう星の元に生まれたのかな?

と少し苦笑いしながらも 

無事、レンタカーも借りれまして、

お腹も空いたので晩御飯に。

 

宮之浦にある「海舟」

Dscf2490

ゴマサバの首折れサバのお刺身。

 

Dscf2493

トビウオの塩焼き。

 

Dscf2495

つけあげ。

 

Dscf2492

   

まんてんの星空。

宿泊するのは、

いつもお世話になっている「とまり木」

 

ライダーハウスなんですが、

何故ライダーでもないあたし。

当時、車の免許はあったけど、

ペーパードライバー。

なんなら徒歩女1人旅。

なのに今までそこに泊まっていたかって?

 

それは、7年前に初めて屋久島にいった時。

 

宮之浦の港に船がついて大きな荷物を持ちながら

テクテク歩いていると、

川で釣りをしている人たちが。

 

「何がつれるんですか?」

思わず話しかけたんです。

 

少し話してると、

 

「どこ泊まってるん?」

 

「○○に何泊と、○○に何泊なんです。」

 

「○○はいい所やけど、○○はやめとき。

俺んところおいでや!」

 

なんとも怪しかったんです。

  

でも、

神戸から震災があって移住してきたということで、

馴染みのある関西弁に親近感。

 

何か引き寄せられるものがあって、

数日後には、

そこに電話してお世話になることに。

 

そこのオーナーさんは、

みんな兄さん姉さんと呼ぶ。

 

お家に帰ってきた感覚になれるところなんです。

 

なので、屋久島に行くのではなくみんな帰る。

兄さん姉さんはいつも、

「おかえり」

と温かく迎えいれてくれる。

 

「ただいま。兄さん姉さん。」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいまです。

17日に帰ってきましたnardasみおですこんにちわ。

 

植木にさしていったペットボトル。。。

 

なんでか、お水が減ってない。。。

 

そして、みんなしょんぼりしてはる。。。 

 

ごめんね。。。 

 

穴が小さかったのかな? 

 

浴びるほどお水をあげました。

 

 

 

大量の洗濯物も3回まわし、

物干し竿が折れるんじゃないかな?というくらいの量。。。

 

屋久島旅行、

いろいろありましたが

満腹満喫の旅行になりました!

 

29歳nardasみお。

体力の衰えにびっくりでした。

 

しばらくは、屋久島旅行記をお楽しみくださいね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島へ。

このお盆みなさまいかがお過ごしでしょうか?

nardasみお屋久島へ行ってきます。

実は、人生3回目の屋久島なんです。

1回目はいつやったんやろ?

22歳の夏。

2回目は、

25歳の夏。

3回目は今年の夏。

今までは、女1人旅。

 

今年の夏は新婚旅行です。

 

楽しみ。

 

色々、お買いものも済ませたし、

山に登る準備もできたし、

海に入るために、シュノーケルも購入!

沢や磯へも行けるように、マリンシューズも購入。

準備万端!のはず。

   

起きれたら。。。 

 

飛行機が飛べば。

 

船が出港してくれたら。

 

 

伊丹空港から鹿児島までは、飛行機。

夕方まで時間あるので、

鹿児島を観光~。

夕方に鹿児島から船で屋久島入りなんです。

 

やっぱり、船でいきたいんですよね。

島の姿がどんどん近くになってくる様がなんともいえませんから。。。

心配なのはお家の植木。

ペットボトルにお水をいれて土にさしていくのですが、

枯れてないといいのですが。。。

 

元気でいててね。

あたしのハーブちゃん達。

| | コメント (0) | トラックバック (0)